トイレの詰まりを自己修理しようとして犯した大失敗

self_treatment
トイレのトラブルの中でもかなり起こりやすいのが、トイレに何かを詰まらせてしまうというトラブルです。聞いた話では自分の便すらも大量であればトイレに詰まってしまうらしいですから、どのような対応策を行ったとしてもトイレを詰まらせてしまうことはあるかもしれません。そんなトイレの詰まりが、うちの家でも起こってしました。そのトイレの詰まりについて、業者さんに依頼をしていればよかったものの、何を血迷ったか自己修理しようと意気込んでそそくさと行いました。これがそもそもの失敗だったのかもしれません。そしてその自己修理の過程で、大失敗を犯してしまうことになりました。

そのトイレの詰まりの自己修理を行う際に犯してしまった大失敗であるのが、自分で便器を取り外してしまったということです。普通、トイレの詰まりであればラバーカップなどを使って詰まったものを水圧で押し流すということがよく使われる方法なのですが、それを行っても全く詰まりが解消されなかったことからさらに高度な方法を試さなければならないという意識が芽生えて、結果的にトイレ詰まり解消において最終手段と言ってもいい方法である便器の解体まで行ってしまったのです。

この便器を取り外してしまった時に、トイレの水が便器を取り外した部分から漏れ出すということを考えていませんでした。普通に考えるとそれくらい予想ができて当たり前だと思われるでしょうけど、その時の私は盲目状態だったのでしょう。全く意識せずにそのような大それたことを行ってしまいましたので、詰まった汚水が一気にトイレに溢れ出てしまいました。そのため、トイレの詰まりを解消することはできたもののトイレを大々的に汚してしまうという結末に。本当に大失敗でした。

私のような経験をすることも大切かもしれませんが、この経験は全く役に立たない経験なので、トイレの詰まりがあれば自己修理はしないのがセオリーだと思いました。